腸の仕組みを知る

健康な腸内環境のために

女性

腸の仕組みは食べ物から栄養分を取り分けて老廃物を排泄する役割です。 小腸は栄養を吸収して大腸はそれを送り出し排出します。 健康な腸内とは大腸で水分が吸収され、大腸がんなどの危険を回避して適切な腸内浄化を行っている状態です。最近はデトックスや腸内環境改善という言葉をよく耳にします。 このことからも腸内環境改善がいかに重要なのか、私たちの生命活動を支えているといっても過言ではありません。健康な腸内を維持するのはとても大事なことなのです。この機能が衰えると適切な排泄が行えなくなります。腸内環境改善のために重要なのは免疫です。体に備わっている免疫機関はウィルスや細菌などから生体を守る仕組みです。つまり便秘などが続いて腸内環境を悪化させると、腸の動きが鈍り冷えやむくみ、肌荒れなど免疫力の低下につながるのです。

腸内環境の改善のために必要なこと

腸内環境改善のためには腸内細菌を良好な状態に保つことが重要です。 腸は脳と連携して動きます。腸の神経細胞の数は一億もあり、自律神経回路によって細胞間に神経伝達物質を飛ばしながら情報交換しています。 食べたものの内容によって細胞間で分解に必要な分泌を促すのです。 腸の状態が悪いと脳からの信号をうけとりにくくなります。 その結果反射が鈍くなり体も重くなってしまうのです。 このように腸内の細胞同士は脳や胃と連動して 日々コミュニケーションをとっているのです。 日本人の食生活は欧米化で変化してきており、大腸疾患やポリーブ、腸閉塞が増加しています。高たんぱく、高脂質の食事が腸内環境に悪影響を与えています。また食事だけなく心理的ストレスも庁の運動を鈍くする原因にあります。 適度な運動をしながら食生活に気を配り 腸内環境をきれいに保つことが人間生活を快適に送るための大きなポイントです。