検診の重要性

概要と、検診の重要性

困る

みぞおちの痛みや胃もたれ・胃のムカつきなどの症状に困っている方はいないでしょうか。もしかすると、それは胃がんによる症状かもしれません。胃がんは、現在のがんで死亡する方の非常に多くの割合を占めています。昔に比べるとだんだんと少なくなってきましたが、まだまだ高い割合を占めています。近年の医療技術は進歩しており、早期の段階で発見できれば、非常に高い確率で完治することができます。その為には、定期的な検診を受けるのが非常に有効となっており、定期的な検診を受けている方と受けていない方では、早期発見の割合が大きく変わります。胃がんを重症化させない為には、定期的な検診を受けることが非常に有効な方法と言えるでしょう。ちなみに、胃がんの検診には内視鏡検査が非常に有効となっており、平均的な費用として4000円〜5000円あたりで受けることができるので、積極的に受診するようにした方が良いでしょう。

胃がんの予防方法

胃がんを予防するには、定期的な検診を受けるのも非常に有効なのですが、その他にも食生活や生活習慣を気を付けることでも、胃がんを予防するのに効果があります。 具体的には、極度に熱いものや冷たいものを食べ過ぎない・カフェインの強いコーヒーなどを控える・アルコールの強いお酒などを控えるなどがあります。また、喫煙は胃に強い負担を強いる為、できることならばタバコを吸わないといったことも非常に有効です。 胃の病気には、胃がんの症状とよく似た症状の病気が複数あります。胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃炎・逆流性食道炎など、複数の病気があるのです。 ですので、胃がんの様な症状が出たからといっても、必ずしも胃がんだとは限らないので、早めに医者に行って診察してもらって下さい。 会社などの定期的な健康診断を受けている方などは、バリウム検査の項目を内視鏡検査に変更することが可能な場合が多くあります。その場合、単独で内視鏡検査を受けるよりも、負担する実費が少なく済むこともあるので、お勤めの会社や病院に確認してみて下さい。