早期発見で根治を目指す

医者

がんは早期発見によって、治る確率が高まります。発見が難しいがんは、進行してから見つかるリスクが高いです。発見しづらいがんとして知られているのが、胆のうがんです。初期症状を知って、少しでも疑いが荒れば検査を受けましょう。

詳細を確認する...

検診の重要性

困る

胃がんを重症化させない為には、定期的な検診を受けて早期発見をするのが、非常に有効な方法となっています。特に内視鏡検査が有効な検査方法です。胃がんを予防するには、胃に負担がかかる飲食物は控えることや、タバコを吸わないといったことがあります。また、胃がんによく似た重症の病気があるので気を付けて下さい。

詳細を確認する...

贅沢病にならない方法

悩み

痛風は尿酸値が体内に溜りそれが結晶になって激しい関節炎を伴う病気です。痛風になる原因は食生活などの生活習慣の乱れで贅沢病とも言われています。 食生活が豊かになりビールや肉などの高カロリーの物や白子やエビなどプリン体を多く含む食物を食べる機会が増えた為、患者は増える一方で患者数は男性を中心に約96万人います。 痛風を予防するには日頃の食生活を改善する事が大切ですが最初から厳しい食事制限をしているとかえってストレスも溜まり長続きしません。そこで痛風予防するには、それに加えてサプリメントを摂取するのがおすすめです。痛風予防に効くサプリメントで有名なのはクエン酸です。クエン酸は尿をアルカリ化する作用があり、尿酸が尿中に溶けやすくなり体外に排出されやすくなります。またその他にもビタミンCは尿酸を腎臓に移動させ排出を助ける働きがあり、葉酸は体内で作られてしまう酵素キサンチンオキシターゼの働きを抑制するとも言われています。

痛風とは、高尿酸血症が関係した関節炎のことです。血液中に尿酸が蓄積すると、手、腰、脚ななどの関節に結晶ができ、症状が現れ、風が当たるだけでも激痛が走ります。原因は、プリン体と呼ばれる生体物質が過剰になることによって引き起こされます。プリン体はビールを含め食品に多く含まれております。 痛風の予防法として、食生活におけるプリン体を含む食品の摂取を制限する方法が用いられています。また、尿酸生成を抑制する薬や、尿酸排泄を促進する薬なども予防法として用いられています。 しかし、痛風は予防しようにも患者本人の自覚症状の下で発症が確認されるので、治療が遅れたりします。 痛風の予防をするためには、日頃から生活習慣を見直し改善していくことが大切でしょう。それを発見する為にも病院で検査を受けて専門の治療を受けることが先決になります。